スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

DTM奮闘中

前トピックで書いたVSTiの導入、どうにか打開できた。

VSTプラグインっていうのはDLLファイルをDAWソフトのプラグインフォルダにコピーする必要があるようで、まぁそこまでは理解してたんですが、どのDLLファイルをどこにコピーすればいいのかよくわからなくて、違うDLLファイルをコピーしては、動かない・・・とうんうんうなっていたみたいです。
ProteusVX.dllというファイルをコピーしたらちゃんと動くようになりました。

それで、DAWソフト上でProteusVXを使うことができるようにはなったものの、今度は音が鳴らない。
これはサウンドバンクのロードとかいうことをDAWソフトで起動した時にはやってなかったのが原因らしく、
File→openでProteus X Composerを読み込んだら、音もちゃんと鳴るようになりました。




と、以上のことをなんとか自力で解決したら
悩んでたことが全部、このページに簡潔にまとめられていた。
なんというw

まぁいろいろ調べたおかげでいろいろ勉強になったし
これはこれでよかったと思えばいいさ

で、体験版のFLstudioで早速いろいろいじってみる。
これ体験版なのにwav書き出し機能なんてついてるんですよね。
プロジェクトの保存はできないのに、wavの書き出しはできる・・・いいのかなコレ?

音をのっけて適当に書き出してみる。
すると、なんか音がずれている・・・。
ProteusVXからの音のタイミングがなんかおかしい。

ProteusVXはFLstudioとの相性が悪いと聞くけど
そういう相性的な問題なんだろうか・・・?
ちなみにREAPERで打ち込んで書き出してみたら、ちゃんとずれないで書き出された。

ふーむ、これはどうしたものか
FLstudioがまともに使えないとなるとなかなか面倒なことになりそうだなあ・・・。

Comment

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。